2022.09.26

「介護セミナー仕事と介護の両立~できる準備と心構え~」開催レポート

日本は超高齢社会に突入し、「年金、医療、介護といった社会保障制度は今後どうなるのか」「将来自分や家族に介護が必要となったら」など、不安を抱く方も多いのではないでしょうか。また企業内では、働き盛りの社員が親の介護に直面し、仕事との両立に悩むケースも増えています。

誰にでも起こりうる介護。
働きながら介護をしている方も340万人※以上と年々増えています。皆さんも介護と仕事の両立ができるのか不安に感じたり、介護が始まったら仕事を辞めなくてはならないかもと思ったりしていませんか。※2017年総務省「就業構造基本調査」より

そこで& Life-Bizでは2022年2月のセミナー開催後アンケートで、ご要望を多くいただいた「働きながらの介護」に注目し、今回のセミナーでは「仕事と介護の両立~できる準備と心構え~」というテーマで三井不動産 ケアデザイン室 ケアマネジャーの渡邉幸子よりお話しさせていただきました。

今回のセミナーでは、
将来介護に備えたい方や、現在介護をしている方など、「支える人」に対し仕事と介護を両立するためのポイントをお伝えいたしました。

介護が始まると親御さんや家族のために頑張りすぎて無理をしてしまう方が多くおられます。仕事と両立するための準備や心構えを実際に相談いただいた事例を挙げながらご説明しました。

まずは、予想できない多様な介護の始まり方、そして介護が始まる前にできる親御さんや自分を取り巻く状況の整理、親御さんの医療や生活を把握すること、知っておいて欲しい『介護サービス』について、お話しいたしました。また、介護生活に欠かせないキーパーソン(地域包括センター、ケアマネジャー)に相談、協力してもらうことで、一人で支えるのではなくチームとして連携し介護をスタートさせることができます。

親御さんを介護する際にぜひ活用いただきたい制度・サービスとして、「介護保険制度」の基本知識やサービスを利用するまでの流れをご説明しました。
介護保険制度※は、市区町村の窓口に申請して要介護認定(要支援1~要介護5)を受けることで、26種類54のサービスを要介護度や所得に応じて1割から3割の負担で利用することができます。しかし、申請から認定まで約1か月かかるため、手続きや相談は早目におこなうことがポイントです。
また、心配されている方が多い「介護費用」について、原則親御さんの資産から捻出すること、そのためには親御さんの収入や支出を確認、介護にどのくらいかけられるのか把握しておくことが重要です。
あわせて介護費用を軽減する制度や介護費用を捻出するための方法などもご案内しております。事前に親御さんと話し合っておくこと、待っているだけでは利用できない制度が多いため、窓口や利用要件を調べておくことがおすすめです。

全体のテーマとして、仕事と介護をバランスよく両立するために「相談できる場や人」を持つこと、自分の楽しみや休息の時間を確保することをお伝えさせていただきました。
介護中は親御さんや介護が必要な人が生活の中心になってしまい、孤独になりがちです。
ワーク・ライフ&「ケア」のバランスを保つことで、介護される側も支える側もお互いに快適な暮らしをかなえることができるのではないでしょうか。

三井不動産ケアデザインでは、高齢期の暮らしにかかわる幅広い相談に対して、ケアマネジャー等の資格を有する専門スタッフによるコンサルティングサービスをご提供しております。お気軽にお問い合わせください。
オフィシャルWebサイト:https://www.care-design.net/index.html

【いただいた質問のQ&Aはこちら (PDF)】

※アーカイブ動画をご覧になるには会員登録・ログインが必要です。

※当サイトの映像・画像・資料の再配布(同じような形のサイトを作成する行為)は禁止させていただきます。
また、当サイトの映像・画像・資料を加工した転載や配布も禁止させていただきます。

2023年1月中旬頃に次回介護セミナーを開催予定です。
詳細は決定次第、& Life-Bizにてお知らせいたします。

※本コラムは2022年8月26日時点の情報です。

【& Life-Bizとは?】
スポーツイベント、キャリア形成、介護・育児にまつわるセミナーなどを開催し、『三井のオフィス』で働く皆さまに毎日の暮らしをより豊かにする方法を提供しています。
また、& Life-Bizが提供するコンテンツの一つとして、多様性を持つ人々が皆生き生きと活躍できる環境をつくりたいという考えのもと、オフィスを単に働く場としてだけではなく、Off Timeも充実できるプログラムを企画することで "Work"と"Life"の架け橋となることを目指しています。

【本件に関するお問い合わせ先】
三井不動産ビルマネジメント株式会社
ビジネスソリューション事業推進本部 太田・関口・興津
メール:event@mfbm.co.jp

column